Organic !? Mineral !?

今日は巷で溢れかえるオーガニック系シャンプーのメリットとデメリットについてご説明いたします。

まず大前提として日本ではオーガニックに対する基準が世界に比べと〜〜ても緩く(汗)オーガニック成分がほんの少しでも入っていれば大々的に「オーガニック」と謳ってもOKとなっています。勿論日本でしか販売できませんが。。。よって溢れかえる「オーガニック系」商品が全てその効果を発揮できるのか?と言う疑念は拭えません。又そもそもオーガニック系が良いミネラル系が悪いと一概に決めつけるのも危険だと思います。要はそれぞれのメリットやデメリットをしっかり把握して自分自身の肌質や髪質に適したものを使用する事が重要です!

ではオーガニックシャンプーのメリットです。オーガニックシャンプーは、自然由来の成分を主に使用しており、合成界面活性剤や人工香料、パラベンなどの化学物質を含まないことが特徴です。(前に書いた様に100%オーガニックの物はとても少ないのでご注意ください)そのため、以下のような利点があります。

  1. 優しさと安全性: オーガニックシャンプーは、髪と頭皮にやさしい処方で作られています。自然由来の成分は刺激やアレルギーのリスクを低減し、敏感な頭皮や乾燥した髪の方にも適しています。
  2. 栄養補給: オーガニックシャンプーには、天然の植物エキスやオイルが含まれています。これらの成分は、髪や頭皮に栄養を与え、健康的な成長を促進する助けとなります。
  3. 環境への配慮: オーガニックシャンプーは、環境に優しい選択肢です。有機農法で栽培された植物成分は、化学肥料や農薬の使用を最小限に抑え、地球にやさしい製品となっています。

一方でオーガニックシャンプーにはいくつかのデメリットもありますので、それもお伝えいたします。

  1. 泡立ちの差: オーガニックシャンプーは合成界面活性剤を使用していないため、一般的なシャンプーと比べて泡立ちが少ない場合があります。ただし、泡立ちが少ないからといって洗浄力が低いわけではありませんのでご安心ください。
  2. 香りの制約: オーガニックシャンプーは、人工的な香りを使用しないため、香りが弱め又は香りの種類が限定的であることがあります。香りにこだわりのある方にとっては、物足りないかもしれません。
  3. 価格の高さ: オーガニック製品は一般的に、高品質の天然成分を使用しているため、価格が高めになる傾向があります。予算に制約のある方には、負担となるかもしれません。

以上が大まかなオーガニックシャンプーのメリットとデメリットです。

お客様が特に自然派の製品を好まれる場合や、頭皮や髪の健康に気を使われる方にはおすすめです。ヘアカラーやパーマなどでダメージが激しいお客様にはそれぞれに適したミネラル系シャンプーが必要な場合も有ります。勿論個々の髪質や予算、好みに合わせて適切なシャンプーを選ぶことが大切です。ベーセーベージェーでぜひスタッフにご相談ください。

又姉妹店「RICCO」はオーガニックに特化したメニューや商品を多数揃えていますので興味のある方やご質問がありましたら、いつでもお気軽にお尋ねください。

http://hair-ricco.com/

次の記事

フケやかゆみへの対策